会社沿革

昭和30年12月     日本電線(株)川崎・東京両工場殿の運送業者として日本電線運輸(株)を設立し、
限定貨物自動車運送事業の免許を取得。
本社 川崎市
資本金 200万円
昭和36年 4月     日本電線(株)殿の熊谷工場操業開始に伴い、熊谷出張所を開設。
資本金を500万円に増資。
昭和40年 4月     大日日本電線(株)熊谷工場殿の梱包作業開始。
昭和44年 6月     小名浜線材(株)殿の荒引線運送のため小名浜出張所を開設。
資本金を1,000万円に増資。
昭和50年 3月      本社を熊谷市に移転。
昭和51年12月     一般区域貨物自動車運送事業の免許を取得。
昭和56年 9月     小名浜線材(株)殿の解散により小名浜出張所を廃止。
昭和60年 6月     品川自動車電線(株)部品センター殿の仕分・梱包業務を開始。
昭和61年 3月     品川自動車電線(株)殿から自動車電線運輸(株)の経営権を取得。
昭和61年11月     菱星非鉄センター(株)殿から人員の移籍を受け、切分・梱包  作業の委託業務を開始。
昭和62年 2月     社名を菱星運輸(株)に変更。
平成 1年 3月     三菱電線工業(株)熊谷製作所殿のフォークリフトによる構内運搬作業を開始。
平成 2年 4月     組織変更を行い作業部を本社事業所、白岡作業部、深谷作業部の3部制とした。
平成 4年 7月     資本金を3,000万円に増資。
平成 9年 7月     三菱電線工業(株)熊谷製作所殿の出荷手配業務を開始。
平成19年12月     自動車電線運輸㈱を吸収合併。安全性優良事業所(Gマーク)認定取得。
平成21年 4月     社名を菱星物流(株)に変更。白岡営業所および関西事業所を設置。
平成23年 4月     関西事業所を関西営業所に変更。
平成24年 4月     久御山事業所を設置。
平成26年 7月     トナミホールディングス・グループ会社となる。
平成28年 6月社名変更により、北関東トナミ運輸株式会社となる。